ニュース

年収1200万円以上の世帯、児童手当を廃止…改正案を閣議決定

無断転載・複製を禁じます

 政府は2日、年収1200万円以上の高所得者世帯への児童手当支給を廃止する児童手当法などの改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指す。

 児童手当は、原則として中学卒業までの子ども1人につき月1万~1万5000円を支給し、所得制限(夫婦と子ども2人の場合、年収960万円未満)を超えても月5000円を特例給付として支払っている。改正案が成立すれば、特例給付については2022年10月支給分から、世帯内で最も所得が高い人の年収が1200万円以上の場合は給付対象から外れる。

政治
ページTOP