読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相とIOC会長、「五輪は必ず開催」で一致…衆院予算委で明らかに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は5日の衆院予算委員会で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長との間で、新型コロナウイルス対策を徹底し、東京五輪・パラリンピックを必ず開催することで一致していることを明らかにした。

 首相は「安心・安全な大会を実現するために感染対策が極めて重要だ」と述べ、IOCなどと連携して準備を進める考えを示した。

 高齢者の新型コロナワクチン接種の開始時期については「4月をメドにと思っている。まだ確実にはなっていない」と述べた。河野行政・規制改革相は接種開始が5月以降にずれ込む可能性に関し、「100%ないとは言えない」と語った。

 欧州連合(EU)が導入したワクチンの輸出制限措置について、茂木外相は「供給に支障が出ないよう要請し、EU側から最大限努力すると(話が)あった」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1823097 0 政治 2021/02/05 20:44:00 2021/02/05 22:53:54 2021/02/05 22:53:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)