読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北方領土、首相「着実に交渉進める」…コロナで中止の交流事業「一刻も早く再開」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は7日、東京都内で開かれた北方領土返還要求全国大会にビデオメッセージを寄せ、ロシアとの間で抱える北方領土問題の進展に意欲を示した。首相は「2018年のシンガポールでの首脳会談のやり取りはしっかりと引き継いでおり、これまでの両国間の諸合意を踏まえて今後も着実に交渉を進める」と述べた。

菅首相
菅首相

 新型コロナウイルスの影響で中止されている北方4島の交流事業については、「一刻も早く再開しなければならない」と語った。首相は昨年9月、プーチン大統領と電話で会談し、北方領土問題を含む平和条約締結交渉の継続を確認した。

無断転載・複製を禁じます
1826021 0 政治 2021/02/07 19:39:00 2021/02/07 20:05:22 2021/02/07 20:05:22 菅義偉(すが・よしひで)。2020年11月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210207-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)