読売新聞オンライン

メニュー

西村再生相の秘書官、150日間連続勤務…連日の記者会見で「休み取れなかった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西村経済再生相は12日の衆院予算委員会で、秘書官の勤務状況を問われ、150日間連続で勤務した秘書官がいたことを明らかにし、「申し訳なかった」と陳謝した。昨年3月に新型コロナウイルス対策担当になったことに触れ、「8月8日までは休日含め毎日、記者会見を行っていた。その間、休みが取れなかった秘書官がいる」と説明した。

 2019年9月発足の第4次安倍再改造内閣での入閣以降、4人いる秘書官のうち3人が交代したことも認めた。

 立憲民主党の森山浩行氏が人事異動の理由について「過労だという認識はあるのか」と指摘すると、西村氏は「多くのスタッフに多大な負担がかかってきた。それぞれの負担なども考慮しながら人事異動などを行っている」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1838711 0 政治 2021/02/12 21:14:00 2021/02/12 21:44:43 2021/02/12 21:44:43

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)