読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

総務省幹部4人、首相長男らと延べ12回会食…タクシーチケットと贈答品受け取りも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省幹部が放送関連会社「東北新社」に勤務する菅首相の長男から接待を受けたとされる問題で、総務省は12日、幹部4人が2016年以降、いずれも複数回、少なくとも延べ12回にわたり、長男らと会食していたことを明らかにした。

 総務省の原邦彰官房長が12日の衆院予算委員会で、立憲民主党の森山浩行氏の質問に答えた。

 原氏によると、長男らと会食したのは、谷脇康彦総務審議官、吉田真人総務審議官、秋本芳徳情報流通行政局長、湯本博信官房審議官。4人は直近の昨年10~12月に会食した際、タクシーチケットと贈答品を受け取っていたという。会食の費用や場所、時間については「精査中」とした。

 武田総務相は予算委で、「多くの疑念を招く事態となったことをおわびしたい」と述べ、陳謝した。「総力を挙げて調査に入っている。早く正確な情報をあげるように指示している。確認できたものから提出する」とも語った。

 野党は政府に対し、この問題の詳細を調査し、明らかにするよう求めていた。調査結果の全容が判明するまでは審議中の21年度予算案の採決には応じられないとの考えを示している。

 東北新社は総務省が許認可権を持つ衛星放送を手がけており、接待は国家公務員倫理法に基づく倫理規程に抵触する可能性がある。総務省は人事院の国家公務員倫理審査会とともに実施している調査を踏まえ、処分を決める方針だ。総務省では05年、当時の郵政行政局長が利害関係者の事業者から飲食やタクシーチケットの提供を受けたなどとして、国家公務員倫理法違反で戒告処分となっている。

 一方、東北新社は12日、事実関係の確認などを行う特別調査委員会を設置したと発表した。

無断転載・複製を禁じます
1838848 0 政治 2021/02/12 21:57:00 2021/02/13 15:37:40 2021/02/13 15:37:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)