読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

橋本聖子氏「混乱を招き、心からおわび」…自民に離党届提出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長に就任した橋本聖子参院議員(比例)は19日午後、自民党に離党届を提出した。週明けにも受理される。同日午前には離党しない考えを表明していたが、「政治的中立」を掲げる五輪憲章に反するとの野党の反発を受け、方針転換した。

離党届提出のため自民党本部を訪れた東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本会長(19日午後3時59分)=源幸正倫撮影
離党届提出のため自民党本部を訪れた東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本会長(19日午後3時59分)=源幸正倫撮影

 橋本氏は離党届を提出後、党本部で記者団に「政党に所属し続ければ、国民に理解いただけない」と釈明した。対応を一転させたことについては「混乱を招いたことは心からおわび申し上げたい」と述べた。議員辞職は改めて否定した。

 五輪憲章は「スポーツ団体は政治的に中立でなければならない」と定めている。野党からは、橋本氏が離党しなければ「五輪の政治利用になる」(立憲民主党幹部)との批判が出ていた。

無断転載・複製を禁じます
1854907 0 政治 2021/02/19 16:49:00 2021/02/20 07:18:53 2021/02/20 07:18:53 離党届を提出するため幹事長室に入る東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の橋本会長(19日午後3時59分、東京都千代田区の自民党本部で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210219-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)