読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界的なワクチン争奪戦、立ち遅れる日本…ファイザー社に合わせ深夜交渉

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1月、東京・霞が関の厚生労働省の一室に、健康局幹部や通訳、米国の弁護士資格を持つ人物らがたびたび顔をそろえた。新型コロナウイルスワクチンを開発した米製薬大手「ファイザー」との電話会議に臨むためだ。

 会議はいつも、ファイザーが本社を置く米国時間に合わせて深夜にセットされた。厚労省の出席者は日中、感染症法改正案の国会への根回しなどに追われ、「みんなクタクタな状態」(厚労省幹部)でワクチン確保の交渉に臨んだ。

 日本は、世界的なワクチン争奪戦で立ち遅れが目立つ。2月17日に医療従事者の一部で接種が始まったばかりだ。先進7か国(G7)の中では最も遅い。

 4月1日以降に始まるはずだった高齢者への接種もずれ込み、現時点では「4月12日に開始、26日以降に本格化」する見通しとなっている。

残り:1557文字/全文:1902文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1868854 0 政治 2021/02/26 05:00:00 2021/02/26 09:01:02 2021/02/26 09:01:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)