読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宣言解除決定でも首相は記者会見せず…「山田広報官のことは全く関係ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は26日夜、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の一部解除を決めたことに関して、「引き続き緊張感を持って、感染拡大防止を徹底してほしい」と国民に呼びかけた。首相官邸で記者団に答えた。

記者団の質問に答える菅首相(26日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影
記者団の質問に答える菅首相(26日午後、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 この日、記者会見を開かなかった理由について首相は「(感染の)状況を見極めた上で判断を行った後に、緊急事態宣言の全体についてきちんと記者会見を行うべきだと考えている」と説明した。

 記者会見の司会役は、首相の長男側から高額な接待を受けた山田真貴子内閣広報官が務めているが、首相は「(記者会見を開かなかったことと)山田広報官のことは全く関係ない」と強調した。

 総務省と農林水産省の幹部職員が利害関係者から接待を受けていた問題については、「もう一度、徹底して国民の期待に応えられるように対応しなければならない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1871121 0 政治 2021/02/26 19:23:00 2021/02/27 01:39:17 2021/02/27 01:39:17 首都圏を除く6府県の緊急事態宣言の解除や総務省と農水省幹部の接待問題などについて、記者団の質問に答える菅首相(26日午後7時4分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210226-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)