読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宣言全面解除後にイベント上限1万人に緩和…西村再生相「状況を見ながら判断」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西村経済再生相は26日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を3月7日に全面解除した後に、大規模イベントの参加人数制限を緩和すると表明した。解除した都府県が対象で、4月11日までの経過措置とする。

 宣言対象地域で最大5000人だった上限を、1万人まで緩和する。大規模な遊園地など、人が密集しないような施設については、上限1万人のところを2万人まで入場できる実証実験も行う予定だ。

 4月11日で経過措置が終了した後には、上限を「収容定員の50%以内」に緩める。定員4万人であれば、2万人まで増やせることになる。政府はさらなる緩和も検討しており、西村氏は「(感染などの)状況を見ながら次のステップで判断をしていきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1871622 0 政治 2021/02/26 22:54:00 2021/02/26 23:07:36 2021/02/26 23:07:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)