読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「今までにないペース」挑発続ける中国海警船、武器使う事態を日本政府警戒

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国の海上保安機関・海警局の武器使用条件を定めた海警法の施行から、3月1日で1か月となる。中国側が沖縄県の尖閣諸島周辺海域での挑発行為をやめる気配はなく、日本政府は同法には国際法上の問題があると内外に発信し、国際的な圧力をかけたい考えだ。

尖閣諸島周辺の日本の接続水域を航行する中国の海警船「海警1303」。砲のようなものを搭載している(2020年11月15日撮影)=第11管区海上保安本部提供
尖閣諸島周辺の日本の接続水域を航行する中国の海警船「海警1303」。砲のようなものを搭載している(2020年11月15日撮影)=第11管区海上保安本部提供

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると2月1日から28日夕までに、延べ14隻の海警船が尖閣周辺の領海に侵入した。ほぼ毎回、操業中の日本漁船を追尾し、砲のようなものを搭載する船も確認された。同本部は「今までにないペースで日本漁船へ接近を繰り返している」として、巡視船による警戒を強めている。

 中国は尖閣諸島の領有権を一方的に主張しており、日本政府関係者によると、海警船は無線や電光掲示板で日本漁船に退去要求を重ねている。領海侵入の延べ隻数は1月は6隻、昨年は各月0~12隻だった。

 海警法は、中国の「管轄海域」で他国船を強制退去させる権限などを海警に認め、中国の「主権」や「管轄権」が侵害されれば武器使用が可能だとも明記している。

 茂木外相は2月26日の記者会見で「海警法は曖昧な適用海域や、武器使用権限と国際法との整合性から問題がある規定を含んでいる」と述べ、改めて批判した。

 日本政府が警戒するのは、海警船が尖閣周辺を「中国の領海」だと主張し、漁船などに武器を使う事態だ。これを避けるため、政府は領海侵入のたびに外交ルートで抗議するとともに、欧米などと連携を図っている。

 

残り:388文字/全文:1193文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1874272 0 政治 2021/02/28 19:47:00 2021/03/01 06:38:25 2021/03/01 06:38:25 尖閣諸島の接続水域を航行する中国の海警船「海警1303」。砲のようなものを搭載している(2020年11月15日、第11管区海上保安本部提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210228-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)