読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン接種へ国と地方が協力「投票率100%の選挙より難しい」 [政治の現場]緊急事態再発令<9>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスワクチンの接種は、国・地方を問わず、行政の総力を結集する一大プロジェクトだ。

 昨年12月、経済産業省の生活物資等供給確保戦略室に特命が下った。「氷点下75度の超低温冷凍庫を作れるメーカーを探せ」

 国内では、米製薬大手ファイザー社製のワクチンが最も早く薬事承認を受ける見込みだった。長期的に品質を保つには、超低温での冷凍保管が必要だ。冷凍庫が不足するとみた経産省は厚労省からの協力要請を待たず、先回りして動いた。

 全国の市区町村数(1741)などを踏まえ、当初、必要な冷凍庫はざっと3000台とされた。経産省の担当者は冷凍機メーカー各社に片っ端から連絡を取り、「国難なので単価を上げても構いません」と増産を打診した。その際、遠慮がちにこう切り出した。「コンペティター(競争相手)を教えてもらえないでしょうか」。商売敵のことを聞くタブーを犯してでも、生産能力を持つメーカーは全て把握しておきたかった。

 産業機械課係長の永井健寛は昨年12月21日、神奈川県相模原市の「カノウ冷機」に足を運んだ。「依頼があれば、最大限やらせてほしい」。社長の言葉に永井は胸をなで下ろした。この社だけで最大1730台を確保できるメドがついた。

 その後、接種会場を増やすため、必要な冷凍庫の数は1万台に膨らんだ。それでも初動が早かったことが幸いし、6月末までには対応できる見通しだ。

 現場で接種にあたる自治体にとって、いつ、どれだけ打てるかもあいまいなワクチン接種は「投票率100%の選挙より難しい」(総務省幹部)と評される。

 「自治体からの問い合わせが2000~3000件、手つかずのままです」

 1月下旬、ワクチン担当の行政・規制改革相の河野太郎らは、厚労省の説明に耳を疑った。

 接種事業に不安を抱く自治体が照会をかけても、厚労省は「人手が足りず、電話すら取れない」というパンク状態だった。

 そんな中、国と地方のパイプ役を果たしたのが総務省だった。新型コロナ対応のため、課長級の職員らと都道府県・政令市の幹部を結ぶ「連絡体制」を敷く。特に旧自治省出身者は入省直後から地方出向を繰り返し、現地の知事や議会トップとのパイプを持つ者が多い。「財政や人事も目配りでき、厚労省とは違った視点でものが見える」(幹部)という強みを持つ。

 「今の予算ではワクチン接種事業は回せない」「ワクチンを診療所に小分けして運べないか」「接種を担う医師はどう確保すればいいか」――。地方からのSOSが、総務省経由で首相官邸に届くことも多かった。

 河野は2月1日、ワクチン接種の補助事業を約1500億円から約3000億円に倍増させると発表した。コールセンターや会場の設置費のほか、超過勤務手当などの人件費などに充てられる。総務省幹部は「自治体が抱える不安を伝えてきた結果だ」と振り返る。

 それでも、接種情報が思うように入ってこないことに全国知事会などは不満を募らせている。

 地方も中央省庁任せにせず、自ら動き出した。

 1月下旬、内閣府に、ある知事から支援の申し出があった。「厚労省で人手が足りないなら、うちの県から職員を派遣してもいいぞ」

 全国から職員を受け入れ、自治体との連携を担う特別チームを厚労省内に作れたら――。内閣府が知事会などと調整し、2月15日、厚労省予防接種室に「自治体サポートチーム」が発足した。約50人の要員には、都道府県からの応援部隊約30人が含まれる。自治体と連携し、ワクチン接種の進捗しんちょく状況の確認などにあたる。

 未曽有のプロジェクトを成功に導こうと、「国と自治体がワンチームで取り組む」(内閣府副大臣の藤井比早之)ための体制が整いつつある。(敬称略、おわり)

           ◇

 この連載は、藤原健作、田中宏幸、大藪剛史、天野雄介、阿部真司、金子靖志、重松浩一郎、山崎崇史、鷹尾洋樹、大槻浩之、山口真史、三沢大樹、田村直広が担当しました。

高齢者 4月下旬本格化

 政府は65歳以上の高齢者向けワクチン接種を4月12日から始める。全国の高齢者向け接種は26日以降に本格化する。対象の約3600万人分は6月末までに全自治体に配送する予定だ。

 米食品医薬品局(FDA)は先月末、ファイザー社製ワクチンを一般的な冷凍庫で保管することを認めると発表した。2週間以内なら、氷点下25~同15度で冷凍保管できる。首相官邸は1日、ツイッターで、審査機関の評価を終え、日本国内でも同様の対応が可能になったと公表した。ただ、2週間超の保管には従来通り超低温冷凍庫が必要となる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1878759 0 政治 2021/03/02 05:00:00 2021/10/14 14:14:35 2021/10/14 14:14:35 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT1I50087-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)