読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

選択的夫婦別姓に慎重な丸川五輪相、「私の考えはある」…計10回の質問に賛否答えず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3日の参院予算委員会では選択的夫婦別姓の導入が議論になった。慎重とされる丸川五輪相は賛否を繰り返し問われたが、明らかにしなかった。小泉環境相は賛成を表明した。

 ジェンダー平等は五輪の理念の一つ。丸川氏は選択的夫婦別姓の賛否について10回も聞かれたが、閣内にいることを理由に答えなかった。「私の考えはある」と述べるだけで、たびたび審議が中断した。

 一方、小泉氏は「選択が可能な社会を作ることは非常に大切だ」と述べ、賛成する考えを示した。

 菅首相も、かつては選択的夫婦別姓に理解を示していた。この日は「家族のあり方に関わる問題であり、賛否が拮抗きっこうしている。国民、国会の意見を見ながら進めていく」と語るにとどめた。

無断転載・複製を禁じます
1884568 0 政治 2021/03/03 21:35:00 2021/03/03 21:35:00 2021/03/03 21:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)