読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

8分間に2回、首相「私自身が判断」…延長決断をアピール

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は3日、緊急事態宣言の2週間程度の「再延長」に言及し、自らの政治決断を演出した。宣言解除に難色を示す東京都の小池百合子知事の機先を制する狙いもあるとみられる。

記者の質問に答える菅首相(3日午後、首相官邸で)=鈴木毅彦撮影
記者の質問に答える菅首相(3日午後、首相官邸で)=鈴木毅彦撮影

 首相は約8分間にわたり、立ったまま記者団の質問に答える「ぶら下がり取材」に応じた。東京など4都県での延長に触れ、「最終的に私自身が判断したい」と2回、繰り返した。

 「私自身がそういう日にち(2週間)が必要じゃないかと表明させてもらった」とも述べ、5日の正式決定を待たずに延長を事実上決断したことをアピールした。

 首相は当初、7日で宣言を全面解除し、経済活動の再開に道筋を付けたい考えだった。宣言はすでに1か月延長しており、これ以上長引けば、「経済で追い詰められて自殺する人が増える」ことを懸念した。

 だが、4都県の感染状況は期待していたほどには改善しなかった。期限直前になって解除を強行すれば、「感染が再拡大した際に全部、政府の責任にされる」(自民党幹部)という恐れがあった。

残り:528文字/全文:1080文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1884849 0 政治 2021/03/03 23:41:00 2021/03/03 23:41:00 2021/03/03 23:41:00 記者の質問に答える菅首相(3日午後6時35分、首相官邸で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210303-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)