読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宣言延長方針、尾身会長「正しい選択」…首相「2週間程度必要」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は4日午前の参院予算委員会で、新型コロナウイルス対策として東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に発令中の緊急事態宣言について、「感染症を抑え込むために大変重要な局面にある。2週間程度の延長が必要ではないか」と述べ、7日の期限を再延長する考えを改めて示した。

参院予算委員会で答弁する菅首相(4日午前、国会で)=源幸正倫撮影
参院予算委員会で答弁する菅首相(4日午前、国会で)=源幸正倫撮影

 首相は、「病床の逼迫ひっぱくなど、いまだ厳しい支障があり、国民の命と暮らしを守るために延長が必要ではないかと考えている」と強調した。「専門家や関係者の意見も十分に聞いた上で最終的に判断したい」とも語った。

 また、首相は、感染拡大に伴う医療提供体制の拡充について「患者を受け入れている病院に対し、強力な財政支援を行っている。国と地方、医療関係者が緊密に連携し、医療提供体制の確保にしっかりと努めていきたい」と述べた。

 一方、政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は、再延長について、「首都圏はリバウンドの可能性がほかの地域より高い。延長の方向性は正しい選択だ」と述べた。

 自民党の徳茂雅之参院議員らの質問に答えた。

無断転載・複製を禁じます
1885557 0 政治 2021/03/04 11:29:00 2021/03/04 11:57:32 2021/03/04 11:57:32 参院予算委員会で自民党の徳茂雅之氏の質問に答弁する菅首相。緊急事態宣言を2週間程度延長する考えを述べた(4日午前9時11分、国会で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210304-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)