相続した土地、国有化できる制度案…10年分管理費相当額の納付で

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は5日午前の閣議で、所有者不明土地問題の解消策を盛り込んだ民法などの改正案を決定した。相続登記や住所変更登記の申請を義務化することなどが柱だ。今国会での成立を目指し、2023年度にも施行する。

 改正案では、相続人が相続した土地を手放したい場合、権利関係に争いがないなどの要件を満たしていれば、10年分の管理費相当額を納付することで、土地を国有化できる制度も新設する。土地の所有者が特定できない場合、裁判所が管理人を選定する制度も設けた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1888123 0 政治 2021/03/05 13:10:00 2021/03/05 13:10:00 2021/03/05 13:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)