読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

市議会とかみ合わない市長、議長は「対話と答弁では次元が違う」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島県安芸高田市の石丸伸二市長が一般質問への答弁などを巡って市議会と対立している問題で、石丸市長は5日、再開された一般質問で、かみ合わない受け答えを繰り返した前日から一転し、答弁に応じた。

 石丸市長は自身のツイッターへの投稿や、それに対する市議の反発などを巡って市議会と対立。4日は、ちぐはぐな答弁の末に「誠実かつ的確な答弁を行うように」と勧告を受け、予定の人数を終えられないまま異例の延会となっていた。

 この日、市議から誠実な答弁を求められ、石丸市長は「4日の騒動を申し訳なく思っている。すべての責任は市長にある」と述べた。日程通り5人の質問に答えた。残る5人の一般質問は8日に行われる。

 4日の議会後には、市長と宍戸邦夫議長らが協議したという。石丸市長は議会側と対話を求めており、報道陣の取材に「(協議で)議長が対話の意思はあると明言した。それを受け止め、答弁を通常通り行った」とした。宍戸議長は「市長が議員に答弁するのは当然のこと。対話と答弁とでは次元が違うので、分けて考えてほしいと市長に言った」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1890900 0 政治 2021/03/06 20:23:00 2021/03/06 21:28:07 2021/03/06 21:28:07

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)