読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

最長で月378時間、「過労死ライン」超過の内閣官房コロナ室がテレワーク導入へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策推進室が長時間労働に陥っている問題で、新型コロナ対策を所管する西村経済再生相は8日、同室の負担軽減を図る考えを明らかにした。人員を増やし、今週にもテレワークを導入するという。

 西村氏は8日の参院予算委員会で、同室の勤務について「徐々に人員は増強している。データの整理やデータ分析などはテレワークでもできる」と述べた。

 同室の職員は、1月の超過勤務時間の平均が「過労死ライン」とされる100時間を上回る約122時間にのぼり、最も長い職員では約378時間に達していた。

無断転載・複製を禁じます
1895096 0 政治 2021/03/08 18:28:00 2021/03/08 18:28:00 2021/03/08 18:28:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)