読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国とは「長期的な戦略的競争」に、バイデン外交が本格始動へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日米両政府は12日、菅首相が4月前半にも訪米し、バイデン米大統領と対面形式で首脳会談を行うと発表した。国力を増す中国への対抗を念頭に、アジア重視を鮮明にした米外交が本格始動する。バイデン政権は日豪などの同盟国と安全保障や経済面で協力し、中国との「長期的な戦略的競争」に臨む方針だ。

 菅首相は12日の政府・与党連絡会議で「バイデン氏が直接会談する最初の外国首脳としてお迎えいただく。この機会を生かし、日米同盟のさらなる強化につなげていく」と語った。主な議題として新型コロナウイルス対策と地球温暖化、中国を巡る諸課題、北朝鮮による日本人拉致問題を挙げた。

 日本政府は、沖縄県の尖閣諸島周辺での領海侵入を繰り返す中国をけん制するため、早期の首相訪米を目指していた。首脳会談で両首脳は、「自由で開かれたインド太平洋」実現へ同盟強化を確認する。米国が4月22日に開く気候変動問題に関する首脳会議(サミット)に向け、脱炭素化の取り組みも協議するとみられる。

 バイデン政権は1月20日に発足後、新型コロナウイルス対策を最優先とし、対面での首脳外交を控えてきた。米政府高官によると、菅首相は、バイデン氏が就任後に対面で会う初の外国首脳となる見通しだ。

残り:341文字/全文:863文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1907254 0 政治 2021/03/12 22:02:00 2021/03/12 23:02:39 2021/03/12 23:02:39 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210312-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)