読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】日米2プラス2、異例の「中国名指し」批判へ…首脳会談は「4月9日」軸に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日米両政府が、菅首相とバイデン大統領の対面での会談について4月9日(米国時間)を軸に調整していることがわかった。首相はバイデン氏がホワイトハウスに招待する初めての外国首脳となる見通しだ。

 首相は4月8日に日本を出発し、9日にワシントンで日米首脳会談に臨み、10日に帰国する方向だ。

 新型コロナウイルス対策として首相の滞在期間を短くし、首脳会談に伴うイベントなども最低限とする。訪米団の人数を絞るため、茂木外相も随行しない予定だ。首脳会談では、日米同盟の一層の強化や「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携について協議するとみられる。

 両政府は、首脳会談に先立ち、16日に東京で開く外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)後に発表する成果文書で、東・南シナ海で現状変更を試みる中国を名指しで批判する方向で調整に入った。両政府が成果文書で中国の国名を挙げてけん制するのは異例だ。

 成果文書では、沖縄県の尖閣諸島周辺で海警船による領海侵入を繰り返す中国を批判し、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約5条が尖閣諸島に適用されることを明記する見通しだ。海警船などの武器使用条件を定めた中国の海警法についても「深刻な懸念を共有する」と盛り込むことを検討している。

無断転載・複製を禁じます
1909231 0 政治 2021/03/14 05:00:00 2021/03/14 08:49:05 2021/03/14 08:49:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)