読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

17年に東北新社、外資規制違反に気づき「報告」…総務省側「受けた記憶は全くない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は16日、NTTによる省幹部への高額接待問題で、谷脇康彦・前総務審議官(60)を停職3か月、巻口英司国際戦略局長(58)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分とした。谷脇氏は同日付で辞職した。この問題を受け、第三者による検証委員会の初会合を17日に開く。

 総務省の調査によると、谷脇氏は2018年9月以降、利害関係者のNTTなどを相手に計3回の会食に参加した。1人当たりの飲食代は、総額10万6852円。巻口氏は20年6月、NTTと会食した。1人当たりの費用は、土産代を含めて5万1165円。谷脇氏は当初、省内の調査に対してNTTからの接待を報告していなかった。谷脇氏の退職金は、本人の同意の下に支払いを留保する。

 接待問題に関連し、放送関連会社「東北新社」の中島信也社長は16日、衆院予算委員会に参考人として出席した。中島氏は、総務省から衛星放送事業の認定を受けた後の17年8月に放送法の外資規制違反に気づき、当時の鈴木信也情報流通行政局総務課長(現・電波部長)に報告したと述べた。鈴木氏は「報告を受けた記憶は全くない」と否定した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1914875 0 政治 2021/03/16 22:21:00 2021/03/16 23:03:18 2021/03/16 23:03:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)