読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

緊急事態宣言、全面解除…首相「必ず先に明かりが見えてくる」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルス対策として東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県に発令されていた緊急事態宣言は、期限の21日をもって解除された。2か月半にわたった宣言はすべて解除された。政府は今後、感染の再拡大防止に全力を挙げる。

 菅首相は21日、自民党大会で演説し、「決して気を緩めることなく、変異したウイルスを警戒し、リバウンド(再拡大)を防ぐ。一進一退はあっても、必ず先に明かりが見えてくる」と国民に協力を訴えた。

1都3県に出されていた新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除されるのを前に、東京・渋谷では21日、降り続く雨の中、傘を手にスクランブル交差点を行き交う人たちの姿が見られた(21日午後2時47分、東京都渋谷区で)=守谷遼平撮影
1都3県に出されていた新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除されるのを前に、東京・渋谷では21日、降り続く雨の中、傘を手にスクランブル交差点を行き交う人たちの姿が見られた(21日午後2時47分、東京都渋谷区で)=守谷遼平撮影

 新規感染者数は横ばいか微増の傾向があり、これから歓送迎会や花見など人の流れが増えることが予想される。政府は、1都3県では飲食店の営業時間を午後9時までとするよう要請する。変異したウイルスの対策を強化するほか、主要都市で無症状者へのPCR検査を広く行って再拡大の予兆を捉えたい考えだ。

 水際対策も強化する。田村厚生労働相は21日のNHK番組で、変異したウイルスが流行している国から入国する人たちに求めている待機や検査について「全ての国に広げていくことを考えている」と語った。

 田村氏は、薬事承認が申請されたアストラゼネカとモデルナのワクチンに関し「5月中に承認ということもあるかもしれない」との見通しを示した。

 宣言は1月7日に1都3県を対象に発令され、その後11都府県に広がった。1都3県は2度の延長を経て最後に解除された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1926463 0 政治 2021/03/21 17:55:00 2021/03/22 00:07:22 2021/03/22 00:07:22 緊急事態宣言の最終日、傘の花が咲く渋谷スクランブル交差点(21日午後2時47分、東京都渋谷区で)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210321-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)