読売新聞オンライン

メニュー

「首相はいいかげんにしてほしい」批判の返信はがき…[菅流政治]検証半年<7>

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

党員から批判

 自民党本部は先月、所属議員に対して、地元有権者1000人に往復はがきを送るよう指示した。次期衆院選をにらみ、有権者の意見をすくい取る狙いだ。首都圏選出の衆院議員のベテラン秘書は、返信されたはがきを見て驚いた。

 「菅首相にはいいかげんにしてほしい」「首相を交代させろ」

 菅義偉首相への批判の声が、少なからずあった。はがきは党員や熱心な支持者に送った。「党員ですらこの有りさまで、衆院選は大丈夫か」。秘書は危機感を募らせる。

 菅の自民党総裁任期は9月末まで。10月21日には衆院議員の任期満了を迎える。菅が政権を担い続けるには、これから半年余りの間に、衆院選と総裁選という二つの戦いを乗り切らなければならない。

 衆院選に勝利し、総裁選を無風で切り抜ける――。そのために、どのタイミングで衆院解散に踏み切るか、菅は模索している。

 18日の記者会見では、衆院解散について「9月までが任期だから、その中で考えていく」と口にした。党内では「衆院議員任期(10月)の言い間違い」と見る向きもあるが、「首相は総裁選より前の衆院解散を考えており、本音が漏れた」(党幹部)と臆測を呼んでいる。

 ベテラン議員は「菅内閣の支持率がそれなりにあれば、代える必要はない」と語る。ただ、党内には菅の政権運営への不安がくすぶっており、「支持率が急落すれば、一気に『ポスト菅』に動き出す」との指摘もある。

世論調査1位

 「地元でどういうことがあったかを吸い上げ、改善すべきことがあれば言ってほしい」

 行政・規制改革相の河野太郎は3月に入り、党内全派閥の領袖りょうしゅうを訪ね歩いた。自らが担当するワクチン接種についての意見を聞き、協力を求めるためだ。突破力や発信力には定評のある河野だが、かねて「調整力が課題」とされてきた。「今までこんなことする人じゃなかった。色々なことを考え始めたのだろう」。領袖の一人は、総裁への意欲を強く感じ取った。

 次の首相にふさわしい自民党の政治家は――。読売新聞の世論調査(5~7日実施)で、河野は26%で1位となり、3%にとどまった菅を大きく引き離した。

 菅と河野は、同じ神奈川県選出で関係は深い。環境相の小泉進次郎とともに、定期的に衆院議員宿舎で「神奈川会合」を開いている。「菅首相が総裁選で再選を目指せば、河野氏は出馬しない」(麻生派中堅)と目されているものの、菅が不出馬という事態になれば、総裁候補の筆頭に躍り出る可能性がある。

 河野のネックは、所属する麻生派で衆目一致する総裁候補となっていないことだ。過激な言動を繰り返してきた河野へのアレルギーは、派内で根強い。

存在感示せず

 昨年9月の総裁選で菅と戦った2人は苦戦が続く。

 前政調会長の岸田文雄は、無役となったことで露出が減った。総裁選では歯切れの良い発言が目立ち、「一皮むけた」と評価する声があがったが、「総裁選後は元に戻ってしまった」(岸田周辺)。衆院広島3区を巡る公明党との候補者調整でも存在感を示せず、「首相を目指すなら公明党とのパイプが必要」と指摘された。

 元幹事長の石破茂は、総裁選出馬を巡るゴタゴタから、石破派の会長辞任に追い込まれた。

勝負の半年

 3月上旬、議員宿舎の会議室で、菅は党幹事長の二階俊博と向き合った。

 「気にせずやればいい」

 菅の長男が勤務する放送関連会社「東北新社」による接待問題を巡り、二階はこう言葉をかけた。総裁選でいち早く菅支持を表明した二階に配慮し、菅は月に1回程度、二階とこうして向き合う場を設けている。

 菅は最大限の配慮を示すが、老練な二階には、「菅首相が失速すれば、野田聖子幹事長代行を担ぐのでは」という臆測もささやかれる。総裁選で支援を受けた5派閥の上に立つ菅の足元は、いまだ不安定だ。

 前首相の安倍晋三は、政権を奪還した2012年衆院選を手始めに、国政選6連勝を積み重ね、求心力を高めていった。安倍の総裁任期の残余を引き継ぎ、首相として衆院選を経ていない菅には、「まだ暫定政権」という視線がつきまとう。

 二つの戦いに勝利し、「本格政権」を築けるか。菅にとって勝負の半年が始まる。(敬称略)

解散いつ? 飛び交う臆測

 10月の衆院議員の任期切れが迫る中、自民党内では衆院解散・総選挙の時期を巡る臆測が飛び交っている。

 最速では「4月下旬解散―5月選挙」の可能性が取りざたされる。4月前半の菅首相の訪米や、デジタル改革関連法案の成立で政権の「実績」を掲げて、衆院選に踏み切るというシナリオだ。7月4日投開票の東京都議選との同日選も選択肢とされる。

 党内では、東京五輪・パラリンピックの勢いを駆った「秋解散」に期待する声も根強い。ただ、衆院議員の任期切れ間近の選挙には「追い込まれ感がある」との指摘がある。

無断転載・複製を禁じます
1935234 0 政治 2021/03/25 05:00:00 2021/05/08 11:38:23 2021/05/08 11:38:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210324-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)