読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北朝鮮への対応、日米首脳会談の主要議題に…弾道ミサイル発射受け米韓と連携確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は25日、北朝鮮が同日午前7時4分頃と同23分頃、同国東部・宣徳ソンドク付近から日本海に向け、弾道ミサイル2発を発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したと発表した。北朝鮮による弾道ミサイル発射は昨年3月29日以来、1年ぶり。菅首相は警戒監視態勢を強化し、4月上旬の日米首脳会談で北朝鮮問題を主要議題の一つとする考えを示した。

 首相は首相官邸で記者団に「今回の弾道ミサイルを含め、対北朝鮮対策については(バイデン米大統領と)しっかりと議論したい。連携を取っていきたい」と述べた。「我が国と地域の平和、安全を脅かし、国連安全保障理事会決議違反でもある」とも強調した。

 政府は弾道ミサイル発射の直後、国家安全保障会議(NSC)を開き、対応を協議した。北京の外交ルートを通じて北朝鮮に抗議したほか、外務省の船越健裕アジア大洋州局長が米国のソン・キム国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)、韓国外交省の魯圭悳ノギュドク朝鮮半島平和交渉本部長と相次いで電話で会談し、連携を確認した。

 防衛省によると、2発のミサイルは東方向に発射され、いずれも100キロ・メートル未満の高度で約450キロ・メートル飛翔ひしょうした。航空機や船舶などへの被害は確認されなかった。

 北朝鮮は今月21日にも短距離の巡航ミサイルとみられる2発を黄海に向けて発射した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1937396 0 政治 2021/03/25 21:59:00 2021/03/25 21:59:00 2021/03/25 21:59:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210325-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)