読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新年度予算成立、防衛費と社保費過去最大…コロナ対策で予備費5兆円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2021年度予算は26日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。一般会計の総額は106兆6097億円で、9年連続で過去最高を更新した。100兆円を超えるのは3年連続。新型コロナウイルス対策を機動的に行うため、5兆円の予備費を確保した。

参院本会議で2021年度予算が賛成多数で可決、成立し、一礼する(右から)菅首相、麻生副総理兼財務相、茂木外相、加藤官房長官(26日午後、国会で)=源幸正倫撮影
参院本会議で2021年度予算が賛成多数で可決、成立し、一礼する(右から)菅首相、麻生副総理兼財務相、茂木外相、加藤官房長官(26日午後、国会で)=源幸正倫撮影

 予算成立を受け、菅首相は「国民にとって極めて重要な予算だ。迅速に着実に執行していきたい。新型コロナウイルスのリバウンド(感染再拡大)を防ぐため、予算で対応したい」と首相官邸で記者団に語った。

 予算には、菅内閣が看板政策に掲げる「デジタル庁」設置や、50年までの温室効果ガス排出量実質ゼロに向けた費用を盛り込んだ。社会保障関係費は、20年度当初予算より0・4%多い35兆8421億円で過去最大となった。新型コロナ対策として感染経路の調査を担う保健所の体制強化を盛り込んだ。防衛費は5兆3235億円で、次期戦闘機の開発などで過去最大を更新した。

 税収は57兆4480億円で、当初予算としては11年ぶりに減った。新規国債の発行額は43兆5970億円で、7年ぶりに40兆円を超えた。

 政府・与党は今後、デジタル庁設置を柱としたデジタル改革関連法案を4月中に成立させることを目指す。75歳以上の医療費窓口負担を所得に応じて1割から2割に引き上げる高齢者医療確保法などの改正案も、焦点となりそうだ。

無断転載・複製を禁じます
1939743 0 政治 2021/03/26 17:52:00 2021/03/26 22:45:52 2021/03/26 22:45:52 参院本会議で2021年度予算が賛成多数で可決、成立し、一礼する(右から)菅首相、麻生副総理兼財務相、茂木外相、加藤官房長官(26日午後5時44分、国会で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210326-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)