読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

EUのワクチン輸出厳格化「日本向けは問題ない」…河野担当相

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は26日の記者会見で、65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種について、1瓶から6回分を採取できる特殊な注射器を5月中に使用できるようになるとの見通しを示した。

 4月12日から始まる高齢者向け接種の対象者は約3600万人。河野氏は「5月中に何とか6回に切り替えたい。一斉にやらないと混乱する」と述べ、注射器が確保でき次第、全国一斉に配送する考えを示した。

 高齢者接種に関連し、河野氏は、5月の大型連休中に接種を進めたい市区町村に対しては、連休前にワクチンを届けられるよう調整する意向も示した。欧州連合(EU)がワクチンの輸出管理措置を厳格化することに関し、「日本向け(輸出)は問題がない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1940274 0 政治 2021/03/26 21:49:00 2021/03/26 21:49:00 2021/03/26 21:49:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)