読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

政府が「事実誤認」と反論…「外国人を恣意的に拘禁」国連作業部会が意見書

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 上川法相は30日の閣議後の記者会見で、国連人権理事会の作業部会から日本で外国人の恣意しい的な拘禁があったとの意見書が出され、日本政府が「事実誤認」だとして27日付で異議を申し立てたと発表した。

 作業部会が昨年9月に日本政府に送付した意見書は、国外退去処分を受けた外国人2人が裁判などによる審査・救済の機会がないまま入管施設に収容されたとし、国連人権規約などに違反するとしていた。

 日本政府は「両名はいずれも司法上、行政上の審査・救済の機会が提供されていた」と反論した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1949341 0 政治 2021/03/30 18:42:00 2021/03/30 18:42:00 2021/03/30 18:42:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)