読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

武田総務相の不信任案を野党提出…接待問題「及び腰の姿勢に終始」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は31日、武田総務相の不信任決議案を衆院に共同提出した。与党は4月1日の衆院本会議で否決する方針だ。

 決議案では、菅首相の長男が勤める放送関連会社「東北新社」やNTTによる総務省幹部への接待問題を巡り、武田氏が「真相究明に及び腰の姿勢に終始した」と指摘。当初、NTTの澤田純社長との会食の有無を答えなかった武田氏が、週刊誌報道後に一転して認めたことに触れ、「総務省を指揮監督する資格はない。行政に対する信頼回復は到底望めない」と断じた。

 首相は31日、首相官邸で記者団に「武田氏には総務省の事案について徹底した調査を行って、(同省を)立て直してほしい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1951518 0 政治 2021/03/31 16:01:00 2021/04/01 00:48:30 2021/04/01 00:48:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)