読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

韓国側、解決策示さず…「慰安婦」「元徴用工」協議は進展なし

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省の船越健裕アジア大洋州局長は1日、省内で韓国外交省の李相烈イサンヨルアジア太平洋局長と会談した。日韓関係悪化の原因となっている慰安婦問題や元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)訴訟問題について4時間余り協議し、進展はなかった。

 船越氏は会談で、これらの問題を解決する責任は韓国にあるとして対応を求めた。関係者によると、李氏は日本の主張に反論したという。両氏は今後も、外交当局間で協議を続けていくことを確認した。

 韓国は、バイデン米政権から対日関係の改善を求められている。北朝鮮の核・ミサイル問題への対応では、日米韓の連携がカギを握るためだ。ただ、韓国は問題解決にあたって日本の譲歩を期待している。韓国に国際法違反の是正を求める日本とは、立場が大きく食い違う。

 茂木外相は1月に着任した姜昌一カンチャンイル駐日大使による面会要求に応じていない。現実的な解決策を示さない韓国への事実上の対抗措置とみられる。

 日米韓3か国の外相は4月下旬に米国で会談する方向となっている。しかし、「日韓の個別の外相会談は開ける状況ではない」(外務省幹部)のが現状だ。

無断転載・複製を禁じます
1955324 0 政治 2021/04/02 05:00:00 2021/04/02 15:04:08 2021/04/02 15:04:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)