読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日米首脳会談「万全期す必要ある」…1週間延期して16日に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

菅首相
菅首相

 加藤官房長官は2日午前の記者会見で、菅首相と米国のバイデン大統領による日米首脳会談を米ワシントンで今月16日に行うと発表した。日米両政府は9日を軸に首脳会談を調整していたが、1週間延期する。

 首相とバイデン氏が対面で会談するのは初めて。首相は1月に就任したバイデン氏がホワイトハウスに招待する初の外国首脳となる見通しだ。複数の政府関係者によると、首相は15~18日に訪米する日程で調整している。

 訪米日程の修正について、加藤氏は「4月前半で調整してきた。会談に万全を期す必要があるということで16日になった」と述べた。外務省幹部によると、首脳会談や関連行事の出席者の新型コロナウイルス感染防止について、米側が対策に時間を要していることが日程修正の主な理由だという。

 会談では、日米同盟の強化や「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携を確認する方向だ。首相は1日のテレビ東京の番組で「私を最初の海外の首脳として受け入れてくれるということは、日本を極めて重要視している証しだ」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1955876 0 政治 2021/04/02 10:38:00 2021/04/02 11:39:12 2021/04/02 11:39:12 菅義偉(すが・よしひで)。2020年11月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210402-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)