読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

医療従事者らへのワクチン優先接種、5月10日の週で配送完了…河野行革相

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

米ファイザー社製のワクチン
米ファイザー社製のワクチン

 河野行政・規制改革相は2日の記者会見で、医療従事者ら約470万人への新型コロナウイルスワクチンの優先接種について、5月10日の週で全対象者分を賄える量を市区町村に配送し終えると発表した。

 優先接種は3月から本格化し、医師や看護師のほか、救急隊員、保健所職員らに接種が進む。米ファイザー製ワクチンは1人2回の接種が必要だが、5月10日の週の配送分をもって必要数を満たせるという。これにより、接種が順調に進めば、多くの自治体で5月末までに優先接種を終えられることになる見通しだ。

 一方、河野氏は、4月12日から始まる高齢者向け接種について、5月に配送するワクチンの量を上積みする方針を明らかにした。同社と協議して供給量を増やせたといい、「(対象となる約3600万人の)およそ半分の1回目に十分な回数を自治体に配ることができる」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1957187 0 政治 2021/04/02 18:48:00 2021/04/02 20:07:07 2021/04/02 20:07:07 北海道中央労災病院に到着した米ファイザー社製のワクチン(19日午前11時54分、北海道岩見沢市で)=佐々木紀明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210402-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)