読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相「必要なら、ちゅうちょなく適用」…まん延防止措置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は4日のフジテレビの番組で、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を東京都に適用する可能性について、「具体的にどこということでなく、必要であればちゅうちょなくと思っている」と述べた。

菅首相
菅首相

 都から適用要請があった場合の対応については、「専門家に状況や見通しを相談する中で判断していく」と語った。

 一方、西村経済再生相は4日のNHKの番組で、感染力が強いとされる変異ウイルスについて、「首都圏は関西ほど多くはないが、やがて(変異ウイルスに)入れ替わっていくだろう。重点措置の活用を含めて、機動的な早め早めの対応が必要だ」と述べた。

 これに関連し、西村氏と東京都の小池百合子知事は4日、都内で会談し、新型コロナウイルスの感染状況について協議した。都内の新規感染者数の増加を踏まえ、今後の対応について意見交換したとみられる。

 小池氏は会談後、記者団に「今週は特に連携をとりながらやっていこうと、意識共有した」と語った。西村氏も「引き続き連携を取っていく」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1960175 0 政治 2021/04/04 10:43:00 2021/04/04 18:42:24 2021/04/04 18:42:24 新型コロナウイルス感染症対策本部で、「まん延防止等重点措置」の適用を決定後、記者団の質問に答える菅首相(1日午後7時11分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)