読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相、中国への安保上の不安「ひしひしと感じている」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相は4日のフジテレビの番組で、台湾海峡で軍事的な緊張が高まっていることについて、「台湾問題は日米で連携して抑止力を維持する中で、平和的に解決できる環境を作っていくことが大事だ」と述べた。台湾有事の阻止に向けた日米協力に、改めて意欲を示したものだ。

菅首相
菅首相

 一方、台湾有事が、限定的な集団的自衛権の行使が可能になる「存立危機事態」に当たるかどうかを問われると、「仮定のことに答えることは控えたい」と述べるにとどめた。中国に対する安全保障上の不安について「私自身もひしひしと感じている。しっかり対応していきたい」とも語った。

 米バイデン政権は、中国が台湾への軍事的圧力を強めていることを警戒している。台湾問題は、今月16日にワシントンで予定される菅首相とバイデン米大統領との日米首脳会談で議題の一つとなる見通しだ。

 首脳会談で主要議題となる気候変動問題については、「日米が共同で牽引けんいんできるような会談にしたい」と意気込みを示した。

無断転載・複製を禁じます
1960837 0 政治 2021/04/04 20:54:00 2021/04/04 22:35:21 2021/04/04 22:35:21 新型コロナウイルス感染症対策本部で、「まん延防止等重点措置」の適用を決定後、記者団の質問に答える菅首相(1日午後7時11分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)