読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国の空母と最新鋭ミサイル駆逐艦、沖縄本島と宮古島の間を通過

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は4日、中国海軍の空母「遼寧」と最新鋭の「レンハイ級ミサイル駆逐艦」など計6隻が3日から4日にかけて、沖縄本島と宮古島の間を通過して東シナ海から太平洋へと展開したと発表した。日本の領海への侵入はなかった。中国軍空母の両島間の通過航行が確認されたのは昨年4月以来で、6回目となる。

沖縄本島と宮古島の間を通過した中国軍最新鋭の「レンハイ級ミサイル駆逐艦」(防衛省統合幕僚監部提供)
沖縄本島と宮古島の間を通過した中国軍最新鋭の「レンハイ級ミサイル駆逐艦」(防衛省統合幕僚監部提供)

 同省によると、3日午前8時頃、長崎県の男女群島の南西約470キロ・メートルの海域で海上自衛隊の護衛艦などが6隻を確認し、監視を続けていた。日本は中国の空母が外洋展開の動きを強めているとみて、警戒している。

無断転載・複製を禁じます
1961262 0 政治 2021/04/04 23:23:00 2021/04/05 13:55:03 2021/04/05 13:55:03 沖縄本島と宮古島の間を通過した中国の最新鋭の「レンハイ級ミサイル駆逐艦」(防衛省統合幕僚監部提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)