読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

在外邦人、一時帰国でワクチン接種へ…政府が月内にも受け入れ準備

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。国立感染症研究所提供
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。国立感染症研究所提供

 政府は、日本での新型コロナウイルスのワクチン接種を希望する在外邦人について、一時帰国して受けてもらう体制を整える。医療保健体制が整備されていない途上国に在住する人たちから要望が高まっていた。月内にも受け入れが開始できるよう、接種会場などの準備を急いでいる。

 政府は在外公館などを通じ、現地に住む日本人から接種希望などの聞き取り調査を進めている。接種は無料となる見通しだ。

 国内では原則、居住地の市区町村が指定する場所で接種を受ける。しかし、海外に住む人は国内に住民票のないケースがある。水際対策からも、空港近くなど国が指定する会場で接種を受けてもらう方向だ。

 外務省によると、2019年10月時点で、約141万人の日本人が海外に住んでいる。先進国では外国人でも接種の機会は多いが、途上国では自国民へのワクチン供給の見通しも立っていない国も目立つ。途上国では現地の医療機関を受診することを避ける日本人も多いとされる。「接種のためだけでも一時帰国を希望する人は少なくない」(外務省関係者)という。

 茂木外相は3月24日の参院予算委員会で「海外で接種を受けにくい環境にある在外邦人が一時帰国して接種できる環境を整えていきたい」と述べていた。政府は外国人の新規入国を原則停止しているが、日本人の帰国は認めている。

無断転載・複製を禁じます
1963215 0 政治 2021/04/05 20:45:00 2021/04/05 20:45:00 2021/04/05 20:45:00 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。国立感染症研究所提供。外部著作権ですが、報道利用可能。ただしトリミング不可。撮影年月日不明。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210405-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)