読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日独2プラス2開催、独がインド太平洋にフリゲート艦派遣…海自との共同訓練調整

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

13日、外務省で、ドイツのマース外相(画面左上)、クランプカレンバウアー国防相(画面右上)とのテレビ会議に臨む茂木外相(左)と岸防衛相=AP
13日、外務省で、ドイツのマース外相(画面左上)、クランプカレンバウアー国防相(画面右上)とのテレビ会議に臨む茂木外相(左)と岸防衛相=AP

 日本とドイツ両政府は13日、初の外務・防衛閣僚会合(2プラス2)をテレビ会議方式で開催した。覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて、緊密に連携していくことで一致した。

 日本側は茂木外相と岸防衛相、ドイツ側はハイコ・マース外相とアンネグレート・クランプカレンバウアー国防相が参加した。

 茂木氏は冒頭、「国際社会では民主主義、人権、法の支配といった基本的価値への挑戦が激化している」と述べ、日独両政府の連携の必要性を強調した。マース氏も「日本は最も重要で信頼できるパートナー国の一つだ」と語った。

 ドイツは今夏、インド太平洋地域にフリゲート艦を派遣する。これを受け、2プラス2では、海上自衛隊との共同訓練を調整することで一致した。防衛装備品の技術協力も進める。

 日本側は中国海警船の武器使用条件を定めた海警法に対する懸念を伝えた。両政府は、中国による香港や新疆ウイグル自治区の人権抑圧に「深刻な懸念」を共有した。ドイツは経済面で中国との関係を深めてきたが、対中外交の見直しを進めている。北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた協力も確認した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1982573 0 政治 2021/04/13 17:58:00 2021/04/13 21:13:16 2021/04/13 21:13:16 Japanese Foreign Minister Toshimitsu Motegi, second from right, and Defense Minister Nobuo Kishi, right, attend a video conference with German Foreign Minister Heiko Maas, top left on screen, and German Defense Minister Annegret Kramp-Karrenbauer, top right on screen, at Foreign Ministry in Tokyo during their ”2 plus 2” ministerial meeting Tuesday, April 13, 2021. (Frank Robichon/Pool Photo via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210413-OYT1I50108-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)