読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

政府、首都圏3県と愛知に「まん延防止」適用へ…20日から5月11日まで

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は15日、新型コロナウイルスの感染が拡大している埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県に、緊急事態宣言に準じた対策が可能となる「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めた。対象期間はいずれも20日~5月11日の予定で、4県は飲食店に営業時間を午後8時までに短縮することなどを要請する。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 政府は各県から要請を受け次第、適用を検討する姿勢を示しており、4県は4月15日夜、政府にそれぞれ適用を要請した。

 これを受け、政府は16日の基本的対処方針分科会で専門家の意見を聞いた上で、同日の対策本部で決定する。決定すれば、重点措置の適用は10都府県に拡大される。

 菅首相は15日夕、田村厚生労働相や西村経済再生相ら関係閣僚と首相官邸で対応を協議した。その後、記者団に「愛知を含めて他の地域も専門家会議に(適用を)諮る。加藤官房長官に必要な対応を取るよう指示をした。訪米しても緊密に連携しながら対応する」と述べた。

 埼玉県の対象地域は、さいたま市と川口市が軸で、大野元裕知事は「変異株の感染が増加しており、先手先手の対応が必要だ」と危機感を示した。神奈川県は横浜、川崎、相模原の3政令市、千葉県はすでに重点措置が適用されている東京都に近い市川、船橋、松戸、柏、浦安の5市が対象地域となる見込みだ。

 また、愛知県は名古屋市が対象地域で、大村秀章知事は記者会見で「大型連休を挟んで何とか感染拡大を抑え込みたい」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1987921 0 政治 2021/04/15 18:33:00 2021/04/15 21:55:44 2021/04/15 21:55:44 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真。国立感染症研究所提供。外部著作権ですが、報道利用可能。ただしトリミング不可。撮影年月日不明。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210415-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)