読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「たたき上げ」「甘党」…共通点多いヨシとジョー、首脳会談へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米ワシントンで16日に行われる菅首相(72)とバイデン米大統領(78)の会談では、首脳間の個人的な信頼関係を築けるかどうかも焦点の一つだ。ともに世襲政治家ではないたたき上げで、政権中枢でトップを支えた経験など、共通点も多い。

訪米のため、政府専用機に乗り込む菅首相(中央)(15日午後7時57分、羽田空港で)=須藤菜々子撮影
訪米のため、政府専用機に乗り込む菅首相(中央)(15日午後7時57分、羽田空港で)=須藤菜々子撮影

 首相とバイデン氏は年齢も近く、それぞれ地方政界で政治家として歩み始めた。秋田出身の首相は、国会議員秘書を経て1987年に横浜市議に初当選した。バイデン氏は、弁護士を経て70年に東部デラウェア州ニューキャッスル郡議会議員選挙で初当選している。

 自身より若いトップを支えた点も同じだ。首相は約7年8か月続いた第2次安倍政権で官房長官を務めた。バイデン氏も2009~17年に、オバマ大統領の下で副大統領の地位にあった。首脳の近くで実績を重ねた経歴は、実務者が議論を積み上げる「ボトムアップ型」の政治手法につながっていると見る向きも多い。

 甘党の点も似通う。首相はパンケーキや大福を好み、バイデン氏はアイスクリームに目がない。酒、たばこをたしなまない主義も共通している。

 首相とバイデン氏は、これまで2回の電話会談を行ったほか、3月にオンライン形式で開かれた日米豪印4か国首脳会談にも参加した。首相が1月の電話会談で提案して以降、互いに「ヨシ」「ジョー」と呼び合う。対面を前に、日本政府関係者は「電話などでのやり取りはかみ合っており、相性は良いのではないか」と指摘する。

 安倍前首相はトランプ前大統領と蜜月関係を築き、日米関係を強化した。首相は6日のBS日テレの番組で「会談を通じて個人的な関係をまず構築していきたい」と意気込みを語っており、両首脳がいかに距離を縮められるか注目される。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1988553 0 政治 2021/04/15 22:30:00 2021/04/16 01:28:57 2021/04/16 01:28:57 訪米のため、政府専用機に乗り込む菅首相(15日午後7時57分、羽田空港で)=須藤菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210416-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)