読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日米首脳会談、合意文書に台湾問題明記の見通し…佐藤・ニクソン会談以来

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=藤原健作、田島大志】菅首相と米国のバイデン大統領がワシントンで16日午後(日本時間17日未明)に行う首脳会談で、台湾を巡る安全保障情勢が議題になり、合意文書に台湾問題が明記される見通しとなった。日米両政府関係者が明らかにした。

米ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着した菅首相(15日午後8時16分)=源幸正倫撮影
米ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着した菅首相(15日午後8時16分)=源幸正倫撮影

 日米両国首脳間の共同文書に台湾問題が書き込まれれば、1969年の佐藤栄作首相とニクソン大統領との会談以来となる。バイデン政権は中国が台湾への軍事的圧力を強めていることに懸念を深めており、台湾海峡の平和と安定に向け、日米両国が結束する意思を示す。米政府高官は15日、記者団に「日米が地域の平和と安定に向けた役割を果たす」と強調した。

 共同文書には台湾問題のほか、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約5条を沖縄県の尖閣諸島に適用することを明記する。中国の海上保安機関・海警局の船が尖閣周辺で日本の領海への侵入を繰り返して圧力を強めており、これを抑止する狙いがある。

 経済分野では、レアアース(希土類)や医薬品などで中国への依存度を低下させることを念頭に、サプライチェーン(供給網)構築などでも合意する方向だ。

 このほか、首脳会談では北朝鮮の核・ミサイル問題や気候変動対策、新型コロナウイルス対策など幅広い分野について議論し、連携を確認する。

 首相は15日夜(日本時間16日午前)、政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着した。首脳会談はホワイトハウスで行われ、終了後に共同記者会見を行い、共同文書を発表する予定だ。

 首相は滞在中、ホワイトハウスに近接する大統領賓客施設「ブレアハウス」に宿泊する。同施設には4月上旬まで、ハリス副大統領が仮住まいしていた。

無断転載・複製を禁じます
1989224 0 政治 2021/04/16 10:49:00 2021/04/16 11:52:31 2021/04/16 11:52:31 米ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地に到着した菅首相(15日午後8時16分)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210416-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)