読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

処理水、中国側から飲んでみろといわれ…麻生氏「飲めるんじゃないですか」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 麻生財務相は16日の閣議後記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所にたまる「処理水」について、世界保健機関(WHO)の飲料水基準の7分の1程度まで放射性物質のトリチウムの濃度を薄める計画になっているとして、「飲めるんじゃないですか」と述べた。

麻生太郎・財務相
麻生太郎・財務相

 麻生氏は、政府が海洋放出の方針を決めた13日の記者会見でも「飲んでも何ということはないそうだ」と発言した。これに対し、中国外務省が「飲めるというなら飲んでみてほしい」と批判していた。

 トリチウムを含む廃水は通常の原発の運転でも発生し、基準値以下に薄めて海などに流すことが国際的に認められている。

無断転載・複製を禁じます
1990371 0 政治 2021/04/16 18:20:00 2021/04/17 06:34:30 2021/04/17 06:34:30 麻生太郎・財務相。財務省で。2020年12月21日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210416-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)