読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

首相「台湾海峡の平和・安定の重要性、日米で一致」…尖閣への安保条約適用も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=藤原健作】菅首相は16日午後(日本時間17日未明)、日米首脳会談後の共同記者会見で、「台湾海峡の平和と安定の重要性は日米間で一致しており、今回改めて確認した」と述べた。

日米首脳会談を終えて、共同記者会見に向かうバイデン大統領(右)と菅首相(16日午後5時5分、米ワシントンのホワイトハウスで)=源幸正倫撮影
日米首脳会談を終えて、共同記者会見に向かうバイデン大統領(右)と菅首相(16日午後5時5分、米ワシントンのホワイトハウスで)=源幸正倫撮影

 首相は厳しさを増す安全保障環境を踏まえ、「日本の防衛力強化への決意を述べた」と語り、バイデン氏から米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の沖縄県の尖閣諸島への適用を含む、日本の防衛への確約があったことを明らかにした。

 会談では、日米首脳共同声明をまとめたとも述べ、「今後の日米同盟の羅針盤となるものであり、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた日米両国の結束を力強く示すものだ」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
1991472 0 政治 2021/04/17 07:28:00 2021/04/17 07:43:02 2021/04/17 07:43:02 日米首脳会談を終えて、共同記者会見に向かうバイデン大統領(右)と菅首相(16日午後5時5分、米ワシントンのホワイトハウスで)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210417-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)