読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内全対象者分のワクチン、9月末までに確保へ…ファイザー追加供給で実質合意

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は18日のフジテレビの番組で、新型コロナウイルスワクチンについて、国内の16歳以上の全対象者分を9月末までに確保できるとの見通しを明らかにした。米製薬大手ファイザーから追加の供給を受けられるめどが立ったためだ。

新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン
新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン

 菅首相が17日、同社のアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)と訪問先の米国で電話会談し、同社製ワクチンの9月末までの追加供給で実質合意した。ブーラ氏は「協議を迅速に進めたい」と応じた。

河野行政・規制改革相
河野行政・規制改革相

 国内の接種対象者は約1億1000万人に上り、1人2回接種で約2億2000万回分が必要となる。これまで政府は、年内に1億4400万回分(7200万人分)の供給を受ける契約を同社と結んでいた。追加供給の分量について河野氏は「詳細はまだ言えないが、16歳以上はカバーできる」と明言した。

 政府は同社のほかに、英アストラゼネカと1億2000万回分、米モデルナとも5000万回分を契約している。ただ、2社とも使用に向けた審査が進んでいる最中で、国内接種には使われていない。

 アストラゼネカ製については接種後に血栓を引き起こした事例が報告されており、海外では使用制限の動きが出ている。政府は、ファイザーからの追加供給などで、全対象者分の早期の確保を目指す考えだ。

 一方、9月末は菅首相の自民党総裁としての任期満了と重なる。河野氏は政治的な思惑が背景にあったかどうかを問われると、「関係ない」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1993436 0 政治 2021/04/18 22:52:00 2021/04/18 22:52:57 2021/04/18 22:52:57 新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチン。千葉県市原市の労働者健康安全機構「千葉ろうさい病院」で。2021年2月17日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210418-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)