読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

衆参3選挙全敗、首相が「国民の審判を謙虚に受け止め」…宣言初日が開票日と重なる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅政権発足後初の国政選挙となった衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠選挙と参院広島選挙区の再選挙から一夜明けた26日、政府・与党からは自民党全敗という結果を厳しく受け止める声が相次いだ。秋までに行われる衆院選に向けて、態勢の立て直しを急ぐ構えだ。

記者の質問に答える菅首相(26日午前、首相官邸で)=田村充撮影
記者の質問に答える菅首相(26日午前、首相官邸で)=田村充撮影

 菅首相は首相官邸で記者団に、「国民の皆さんの審判を謙虚に受け止め、正すべき点はしっかり正していきたい」と語った。北海道2区の不戦敗を含め全敗したことが衆院解散の時期に影響するか記者団に問われると、「新型コロナウイルス対策に最優先で取り組むとの考えに変わりはない」と述べた。

 自民党の下村政調会長は26日午前、全敗の理由について「ワクチンも含めて、新型コロナ対応をしっかりやってほしいという思いでの投票行動だったのではないか」と指摘した。3回目の緊急事態宣言の初日が投開票日と重なり、国民の不安や不信が自民党への逆風につながったというわけだ。

 首相官邸幹部は「全敗は個別の選挙区事情が大きく、首相の求心力に影響はない」と強調するが、厳しい政権運営となるのは避けられそうもない。公明党の石井幹事長は25日夜、記者団に「政権への影響を最小限にするためにも当面の政治課題に全力で取り組んでいきたい」と強調した。

 一方、野党は勢いづいている。立憲民主党の枝野代表は26日午前、記者団に「金権腐敗政治や、何度も緊急事態宣言を強いられる状況に活を入れたい有権者の思いが選挙結果に表れた。次期衆院選では与野党1対1の構図にすることが大切だ」と述べた。

 枝野氏はこれに先立ち都内の連合会館を訪れ、神津里季生りきお会長と会談した。選挙支援へのお礼とともに、次期衆院選に向けた連携について協議した。

無断転載・複製を禁じます
2011390 0 政治 2021/04/26 11:54:00 2021/04/26 11:54:00 2021/04/26 11:54:00 衆参3選挙の結果を受け、記者の質問に答える菅首相(26日午前10時54分、東京都千代田区の首相官邸で)=田村充撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)