読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「他山の石」の意味は…不祥事を他人事のようだと批判された二階氏「それくらいの表現許される」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民党の二階幹事長は26日の記者会見で、2019年参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件を「他山の石」と表現して批判されたことに対し、「それくらいの表現は許されてしかるべきだ」と反論した。「他山の石」ではなく自民党自身の問題ではないかとの記者の質問に答えた。

二階俊博・自民党幹事長
二階俊博・自民党幹事長

 二階氏は3月23日の記者会見で「党としても他山の石として、しっかり対応していかなくてはならない」と発言した。事件は河井克行被告(議員辞職)が党在籍中に起きたため、野党などから「人ごとのようだ」などと批判を浴びていた。

無断転載・複製を禁じます
2012776 0 政治 2021/04/26 20:49:00 2021/04/27 09:01:14 2021/04/27 09:01:14 二階俊博・自民党幹事長。2020年9月15日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)