読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「わいせつ教員対策新法」、与野党が協議開始…今国会での成立目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自民、公明両党のワーキングチーム(WT)は28日、「わいせつ教員対策新法」の条文案を野党側に示し、各党と正式な協議を始めた。今後、野党からの意見も踏まえて法案の細部を詰め、今国会での成立を目指す。

わいせつ教員対策の新法について意見交換する与野党の議員ら(28日、東京都内で)
わいせつ教員対策の新法について意見交換する与野党の議員ら(28日、東京都内で)

 WTはこの日、立憲民主党、共産党、日本維新の会の議員に法案を説明した。野党側からは条文の意味や解釈などについて質問があったという。今後、各党は法案を持ち帰って検討を進める。

 条文案では、わいせつ行為については「児童生徒性暴力」と定義し、心身に大きな影響を与えると明記。性交などのほか、「衣服の上から身体に触れる」「(身体などの)撮影目的で機器を設置」などの行為も性暴力等に該当するとした。

 また、教員免許法では、わいせつ行為などで懲戒免職になって免許が失効しても、3年たてば再取得できると定めている。これに対し、条文案では、教員への免許の再交付にあたっては、各都道府県の教育委員会が「教員免許再授与審査会」を設け、そこでの意見を聞いて拒絶することもできる裁量権を認めた。

 会合後、立憲民主党の牧義夫議員は「わいせつ教員を二度と教壇に立たせない、児童生徒を守るという問題意識はすべての議員が共有している。我々も党内手続きに入り、今国会の成立を期してやっていきたい」と意欲を見せた。

無断転載・複製を禁じます
2018555 0 政治 2021/04/28 20:46:00 2021/04/28 21:23:27 2021/04/28 21:23:27 わいせつ教員対策の新法について意見交換する与野党の議員ら(28日、東京都内で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210428-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)