読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

政府、接種協力の医師らに「協力金」…モデルナ製承認は「5月の終わり」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 河野行政・規制改革相は29日、日本テレビの番組で、新型コロナウイルスワクチン接種に協力した医師らに協力金を支給する方針を示した。都道府県が大規模接種会場を設ける場合、米モデルナ製のワクチンを配る考えも明らかにした。

河野行政・規制改革相
河野行政・規制改革相

 政府は、65歳以上の高齢者向け接種を7月末までに終える目標を掲げており、医師らの一層の協力が不可欠となっている。河野氏は、医師が休診日などに特設会場での集団接種に出向いたり、病院や診療所の診察時間を延ばして個別接種を行ったりした場合は、「協力金を支払うこともしっかりやっていきたい」と述べた。

 市区町村での接種とは別に、政府は5月24日から東京と大阪に大規模接種会場をそれぞれ設けて加速化を図る。河野氏は、大規模会場ではモデルナ製を使う考えを明言し、都道府県が独自に大規模会場を設ける場合にも、現在使用している米ファイザー製ではなく、モデルナ製を「別ルートで供給する」と述べた。

 モデルナ製の製造販売の承認については「5月の終わりの方」になるとの見通しも併せて示した。自民党が要請している24時間態勢での接種については、高齢者向け接種などが終わり、若者などが対象となる一般向けから検討する考えを示唆した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2020132 0 政治 2021/04/29 19:17:00 2021/04/29 19:23:29 2021/04/29 19:23:29 河野太郎・行政・規制改革相。2021年3月22日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210429-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)