読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】政府、宣言発令でイベント中止なら最大2500万円支給へ…スポーツ試合も増額

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の発令でコンサートや公演、展覧会などが中止となった場合、主催者の団体に最大で2500万円の補助金を支給する。

 政府は、東京、大阪など4都府県で25日から始まった宣言の期間中は、文化芸術関連のイベントについて中止などを要請している。長引く感染拡大で苦境に陥る団体が多いため、補助を2500万円まで拡充し、公演や展覧会の会場費やスタッフの人件費などのキャンセル費用を穴埋めする。

 全国規模のスポーツ大会やプロスポーツの試合などについても、政府はキャンセル費用を1試合につき最大1000万円から2500万円に増額する。宣言発令に伴う文化事業やスポーツへの悪影響を最大限緩和する狙いがある。

 一方、政府は、百貨店などの大型商業施設について、休業に応じた施設には1日20万円の協力金を支払う方針を示しているが、本館や分館など建物の数に応じて柔軟に支払う考えだ。施設内の店舗には1日2万円を出す予定で、施設側が店舗分も含めてまとめて申請した場合は、事務手数料などを上乗せする。

 政府は、これら一連の支援策のパッケージを30日にも発表する方向で調整している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2020903 0 政治 2021/04/30 05:00:00 2021/04/30 07:35:37 2021/04/30 07:35:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)