読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「非常識」首相の足を引っ張っている…「菅系」グループ、結束にほころび

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相に近い自民党衆院議員のグループ「ガネーシャの会」の活動が約1か月間、停滞している。会を主導する坂井学官房副長官が首相官邸で同会の会合を開き、批判を浴びたことがきっかけだ。結束にもほころびが見え始め、停滞が長引けば首相の党内基盤に影響しかねないとの懸念も出ている。

 ガネーシャの会は首相を支持する無派閥議員グループの中核的存在で、若手・中堅衆院議員15人で作る。首相も派閥に属しておらず、昨秋の党総裁選では同会が選対の実動部隊となった。坂井氏は、首相官邸と党や国会をつなぐ要職の官房副長官に起用され、同会の存在感は高まっていた。

 風向きが変わったのは、坂井氏が4月1日、ガネーシャの会の議員を首相官邸に集め、食事を伴う会合を開いたためだ。党内の派閥と同様に毎週木曜昼に議員会館で会合を開いてきたが、この日は首相官邸に場所を移した。

 だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が国民に多人数での会食を控えるよう呼びかけていることに加え、公務の場である首相官邸では党派的活動は控えるのが不文律のため、「あまりに非常識だ。首相の足を引っ張るだけだ」(自民党幹部)といった声が噴出した。

 党側にはかねて、坂井氏に「党への重要な連絡が遅い」(閣僚経験者)といった不満があったことも手伝い、擁護の声はほとんどなかった。党内の冷たい視線を意識し、翌週からは議員会館での定例会の開催も見送り、再開のメドは立っていない。

 メンバーからも「首相に迷惑をかけるくらいなら集まる必要はない」「衆院選に向けた地元活動の方が大事だ」などと、会の存在意義に疑問を呈する声が漏れており、次期総裁選に向けて結束を図れるかどうかが課題となりそうだ。

無断転載・複製を禁じます
2025663 0 政治 2021/05/02 05:00:00 2021/05/02 10:27:49 2021/05/02 10:27:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)