読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ワクチン1日100万回、首相「先頭に立って実行」…東京五輪「対策徹底で実現可能」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

緊急事態宣言の延長などについて記者会見する菅首相(7日午後7時6分、首相官邸で)=源幸正倫撮影
緊急事態宣言の延長などについて記者会見する菅首相(7日午後7時6分、首相官邸で)=源幸正倫撮影

 菅首相は7日夜、首相官邸で記者会見し、新型コロナウイルス対策として東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言の延長を決めたことについて、変異したウイルスの広がりなどを挙げ、「強い警戒を維持し、改めて対策が必要だと判断した」と述べた。

 新型コロナワクチンの65歳以上の高齢者向け接種を巡っては、「私自身が先頭に立って加速化を実行に移す」と強調し、1日100万回の接種を目指す方針を表明した。

 首相は、今夏の東京五輪・パラリンピックに関しては「厳格な感染対策を検討している。対策を徹底することで国民の命や健康を守り、安全、安心の大会を実現することは可能と考えており、しっかり準備をしていきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2035905 0 政治 2021/05/07 19:42:00 2021/05/07 20:15:31 2021/05/07 20:15:31 緊急事態宣言の延長を決定後、記者会見する菅首相(7日午後7時6分、首相官邸で)=源幸正倫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210507-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)