読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

河野行革相、経済4団体に「ワクチン休暇」導入要請へ…「副反応出た時に休めること大事」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見する河野行政・規制改革相
記者会見する河野行政・規制改革相

 河野行政・規制改革相は11日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン接種をめぐり、近く経団連など経済4団体に「ワクチン休暇」の導入や職場での接種を要請する考えを示した。

 基礎疾患を持つ人や一般向けの接種は、65歳以上の高齢者に続いて6月中にも始まる見通しだ。河野氏はワクチン休暇について「打つ時のみならず、副反応が出た時にきっちり休めることが大事だ」と強調した。また、「(企業の)産業医に打っていただくのが望ましい」と述べ、職場単位で接種を受けられる体制づくりを求めた。

 高齢者に対しては、接種の予約受け付けをスムーズに処理するため、電話をかける際にはあらかじめ接種券を手元に準備しておくよう呼びかけた。電話が殺到して回線がつながりにくくなっていることには、「必ず接種できるのでお待ちいただきたい」と冷静な対応を訴えた。

無断転載・複製を禁じます
2044187 0 政治 2021/05/11 19:07:00 2021/05/11 21:40:47 2021/05/11 21:40:47 記者会見する河野行政・規制改革相(東京・永田町の中央合同庁舎8号館で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)