読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

離島奪還を想定、日米仏が九州で共同訓練…中国けん制狙う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上自衛隊と米海兵隊、仏陸軍が11日、九州で共同訓練を始めた。敵に占拠された離島の奪還などを想定したもので、上陸・制圧などの演習を17日まで実施する。日米仏3か国の防衛協力を深めることにより、インド太平洋地域で覇権主義的な行動を取る中国への抑止力強化を図る。

防衛省
防衛省

 陸自と仏陸軍による日本国内での共同訓練は初めて。陸自は離島防衛が専門の水陸機動団など約100人、米海兵隊は約60人、仏陸軍は約60人が参加し、揚陸艦を飛び立ったヘリコプターで部隊が上陸後、市街地で戦闘に臨む訓練などを行う。会場は相浦駐屯地(長崎県)や霧島演習場(宮崎、鹿児島県)と九州西方海空域だ。

 日仏は、日米間のような安全保障条約は締結しておらず、日本政府はフランスが日本防衛に当たることは想定していない。訓練により、「自由で開かれたインド太平洋」実現へ向け、法の支配や民主主義などの価値観を共有する国同士の団結を具体的に示す狙いがある。

 フランスも南太平洋のニューカレドニアなどインド太平洋地域に領土を保有しており、地域の安定のために存在感を示す思惑がある。

 14日からは東シナ海で海上自衛隊と米仏豪軍の共同訓練が予定される。英独両国もインド太平洋地域への艦艇派遣を表明しており、自衛隊との共同訓練が検討されている。岸防衛相は11日の記者会見で、「欧州各国がインド太平洋地域でプレゼンスを示すことが地域の平和と安定につながる」と語った。

無断転載・複製を禁じます
2044340 0 政治 2021/05/11 20:21:00 2021/05/11 22:32:04 2021/05/11 22:32:04 防衛省。東京都新宿区で。2020年11月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)